歯の根の部分が残っている場合

日本は、虫歯や歯周病で歯を失ってしまう人が増えています。
失った歯を治療する方法には、様々な方法がありますが、差し歯もそのひとつです。

差し歯とは、歯の根の部分が残っている場合、その部分に土台を作り、かぶせ物をします。
差し歯にするには、歯根が残っていることが前提となります。
差し歯には、保険が適用されるものと、保険が適用されないものがあります。

差し歯全体が白いプラスチックでできた差し歯が、硬質レジンジャケットクラウンで、保険が適用されます。
保険が適用されるので、とても安いというメリットがあります。
ただ、汚れが付着しやすく、かみ合わせが強い部分には適していません。

中身が金属で、外から見える前部分だけにレジンを貼り付けているタイプの差し歯もあり、この差し歯も保険が適用されます。
中身が金属であるため、強度があり、ほとんどの部位に使えますが、長期間使っていると、黄ばみが出たり、金属が溶け出して歯茎が黒くなることがあります。
保険適用外ですが、とても人気が高い差し歯がオールセラミッククラウンです。

滋賀でも、オールセラミッククラウンは評価が高いです。
満足のいく治療とサービスで有名なJDFなら、通常ではできないような低価格でのオールセラミッククラウンを使った治療が可能です。


[PR]
by qfji47bucx | 2017-04-18 17:02 | 人工歯